株式会社一光 大阪市天王寺区玉造元町16-9
TEL 06-6761-3818

色校正・カラープルーフ

色校正の使用目的は、クライアント様へ印刷前に刷り上がりの状態を確認していただくことです。用紙の風合いや色合いが希望通りになっているかの確認に使用します。

また、印刷時に印刷機オペレーターが刷り上がりの参考として使用することも多々あります。

低予算ですませたい場合はインクジェット出力による簡易校正がお手軽でかつ素早く確認作業ができます。


色校正とは

■ 色校正の必要性

カラー印刷物の刷り上がりを事前に確認するための作業を色校正と言います。データの不具合や画像の色調などを細かくチェックします。 また、その校正作業のために使用した印刷物(出力物)を色校正と呼びます。

色校正の使用目的は、クライアント様へ印刷前に刷り上がりの状態を確認していただくことです。 また、それ以前に指示された色合いに近づいていない場合は色調補正などを施したあと再度色校正を刷ります(再校正と呼ぶ)。

もうひとつ重要なのは、印刷時の印刷原稿(色見本)として印刷オペレーターが使用します。 狙う色合いが無ければいくら言葉や文字で伝えても人の感覚にはばらつきがあり希望する印刷結果は期待出来ません。そのためにも予算の都合上ないがしろにしがちな色校正の重要さを意識する必要があります。

■ 色校正の種類

ハーフカット

■ 本機色校正

(校正専用オフセット印刷機)
オフセット印刷と同じ原理を用いた校正専用オフセット印刷機で印刷します。刷版は実際と同じCTP出力機でCTP刷版を出力します。用紙とインキはオフセット印刷と同じ物を使用し、実際の刷り上がりとほぼ同じ印刷物が出来上がります。

ウラスリッター

■ 簡易色校正

(高精細顔料インクジェット出力機)
CTP刷版は出力しませんが、CTP出力機と同じ出力データを特殊なソフト(Black-Magic)を介してインクジェット出力機で出力します。 この方式だと文字化けや画像の抜け落ちはチェック出来ますが色調(色合い)は使用するインキと用紙が違うため100%ズバリ同じ色合いとはいきませんが、当社では専用プロファイルを作成し頻繁に測色を行って、出来るだけ印刷の色合いに近づけるよう注意を払っています。 そのため、通販カタログの様な実物の色合いに近づけたい印刷物以外はこのインクジェット出力を印刷原稿として使用することもあります。

ウラネズ

■ オンデマンド印刷校正

(トナー昇華型転写プリンター)
オンデマンド印刷で最終納品の場合は、事前に見本出し2~3部を校正刷りとして提出します。同じ機械と同じ用紙で出力しますのでほぼズバリの物が望めます。

ウラネズ

■ UVインクジェット出力校正

(UV乾燥型インクジェット出力機)
グラビア印刷の簡易校正として需要が高まって来ています。 レギュラー4色+ホワイト+艶ニスの6色刷りで透明用紙(塩ビ・PET・PP)、合成紙(塩ビ白・ユポ・ターポリン)、金銀ホイル素材へのテスト刷りや小ロット印刷をお受けしております。

仕様

【 本機色校正の仕様 】

■ 最大用紙サイズ
用紙サイズ:1,188×841mm(A倍判)
用紙厚:450g/平米
(後で実際に刷る印刷機により450g/平米まで通らない場合がありますので確認が必要です)
※合紙を行った(2枚〜3枚貼り合わせた)用紙の刷込みなど、校正のみの場合は紙厚3mm弱まで校正刷り可能です。
■ 最大印刷範囲
1,150×870mm(トンボ含む)
■ 印刷色数
レギュラー4色・金・銀・パール・マットニス・OPニス・マットスミ・各種特色(別練りインキ)
■ 対応数量
定数:5枚(6枚以上は別途料金が必要です)
PAGE
TOP