株式会社一光 大阪市天王寺区玉造元町16-9
TEL 06-6761-3818

入稿前のデータチェック

入稿時、よくありがちなデータの不備をピックアップし説明しています。Adobeイラストレーターやフォトショップに関する代表的なチェックポイントです。
また1bit tiff データの入稿は2,400dpiにて作成してください。

余分なポイントの削除

■ 余分なポイントの削除

イラストレーターで作成されたデータのチェックです。アウトライン化前に、余分なポイントを見つけ出し削除してください。

【イラストレーターCC2017の場合】

1.ツールボックス/選択ツールを選ぶ
(ポインターを選択ツールにしておく)
2.メニュー/オブジェクト/すべてをロック解除

この作業で、すべてをロック解除が選択出来ない時はすべてロック解除されていますので、この確認作業で完了です。
※これは確認作業の1つですので、当たり前の事ですが必ず行ってください。
ロックのかかっているテキストはアウトライン化されません。

すべてのロック解除

■ すべてのロックの解除

イラストレーターで作成されたデータのチェックです。
アウトライン化前に、すべてのロック解除をしてください。

【イラストレーターCC2017の場合】

1.ツールボックス/選択ツールを選ぶ
(ポインターを選択ツールにしておく)
2.メニュー/オブジェクト/すべてをロック解除

この作業で、すべてをロック解除が選択出来ない時はすべてロック解除されていますので、この確認作業で完了です。
※これは確認作業の1つですので、当たり前の事ですが必ず行ってください。
ロックのかかっているテキストはアウトライン化されません。

アウトライン化データは別名で保存

■ アウトライン化データは別名で保存

入稿前のイラストレーターでの、必須の作業です。
アウトライン化データは別名保存し、元データは残しておきます。また、入稿時はアウトラインデータと元データの両方を渡すのが懸命です。

【イラストレーターCC2017の場合】

1. ツールボックス/選択ツールを選ぶ
(ポインターを選択ツールにしておく)
2.すべてを選択する(キーボードでの操作)コマンドキー+ A
3.メニュー/書式/アウトラインを作成
4.メニュー/ファイル/別名で保存
5.ファイル名を記入(キーボードでの操作)
 ファイル名の最後尾(,aiの拡張子の前)に「 _OL 」と追記

※テキストボックスへ文字を流し込んでいる場合は、アウトライン化後に改行位置が変わる場合がありますのでアウトライン後の文字確認を出来るだけ行ってください。

画像解像度は350dpi

■ 画像解像度は350dpi

入稿前のフォトショップでの、確認作業です。
画像解像度が使用原寸で350dpi以下ですとピントが甘くなり、ピンボケの状態になります。

【フォトショップCC2017の場合】

1. メニュー/イメージ/画像解像度
2.画像解像度が350dpiを確認し、なっていない場合は
3.「画像の再サンプル」のチェックを解除
4.解像度のボックスに「350」を打ち込む(キーボードでの操作)
5.ドキュメントサイズが変化しますのでサイズを確認

1 bit tiff の出力解像度

■ 1 bit tiff の出力解像度は 2,400dpi に設定

RIP演算時の、出力解像度の設定画面です。

この設定を間違えると、CTP出力時に絵柄の寸法が違って出力されます。
はっきりとサイズの違うものは肉眼でも発見出来ますが微妙に違うような数ミリの狂いはすぐには発見しにくいものです。

PAGE
TOP